クレジットとは何でしょう?

リクルートカードのお申込みはこちら

クレジットとは何でしょう?

クレジットとは何でしょう?クレジットとは何でしょう?

クレジットの契約について

消費者の毎日の生活には何らかの契約がかかわっているんですよね。たとえば、買い物すると売買契約、電車に乗るときは運送契約が発生していて、電気や水道を使うときには加入契約などを結んでいて、いろいろと契約はあります。消費生活は金銭のやり取りそのものなので、今書いたようにいろいろな契約があちこちでかかわっているんですが、契約を実感することがないものもたくさんあるんですよね。

 

コンビニで買い物をしてお金を払っても、電車に乗ってもそれがいちいち契約にものづいているということを感じている人はほとんどいないと思います。その理由は契約書がないからなんですよね。中には、運送契約のように約感があるものもあるんですが、それほど一般的でなないです。不動産を売ったり買ったり、アパートを借りたりするときはもちろん契約書がありますが、それを仕事にしている人以外はほとんど頻繁に発生することではないですよね。

 

消費者が契約を意識するのは、だれでも一つや二う契約がある保険と、後払いで支払っているクレジットカード契約くらいです。クレジットカードは後払いといっても公共料金のようなものは、料金とて支払っているだけで、ほとんど契約を意識することはないですよね。水道の蛇口をひねったり、電灯のスイッチを入れたりするたびにメーターが上がることを恐怖に感じるほどエコを意識している人はこの話とは別ですが。。。たいていの請求書の確認の時に節約を考えるのが普通の感覚だと思います。

 

しかし、これに対して、現在ほとんどの人が使っているクレジットカードは最初に会員になる申し込みをしてからそれ以降も使うたびに契約は発生しているんですよね。いわば契約行為です。その契約とは使った分をあとから支払うという内容の契約です。ほとんどのクレジットカードはショッピング(販売信用)とキャッシング(消費者金融)の機能がありますが、目的物がものになるか、お金になるかの違いだけで契約内容にほとんど大きな違いっていうのはないんですよね。
こられの契約は与信(信用供与)契約といいます。正確にいうと、ショッピングの時は立て替え払い契約、または債権譲渡契約であって、キャッシングの時は金銭消費貸借契約です。そのどちらを受けるかは利用する人の経済状況によることが一番大きな理由と動機の違いとなっています。

 

どうしても現金が必要な時には、キャッシングを利用する人が多いんですが、そういう取引や場面はそんなに多くはないんですよね。だから、取引自体は圧倒的にショッピング(買い物)が多くなっています。また、与信契約というのは与える側からの言葉なんですよね。消費者側から見るとただのクレジットを使った、お金を借りたといった程度のものなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

リクルートカードのお申込みはこちら

クレジットとは何でしょう?

クレジットとは何でしょう?クレジットとは何でしょう?

クレジットとは何でしょう?関連ページ

リクルートカードを知る前に
リクルートカードを作る前に読んでおきたいこと。
消費者個人が与信を受ける本当の意味
消費者個人が与信を受ける本当の意味について。
債務の健全性
債務の健全性について。
消費者に対する与信サービス
消費者に対する与信サービスについて
クレジットとローンの違い
クレジットとローンの違いについて説明します。
近年のインフレとデフレ
近年のインフレとデフレについてのことをかいて言います。
産業としてのクレジット
産業として使われているクレジットについての紹介です。
外国為替市場について
外国為替市場について
東京証券取引所第一部上場株式銘柄
東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算
金融商品の定義
証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法

クレジットとは何でしょう?の先頭へ戻る