外国為替市場について

リクルートカードのお申込みはこちら

外国為替市場について

外国為替市場について外国為替市場について

いわゆる金融機関の能力格付けとは→ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関だけではなく金融商品または企業・政府に関する、支払能力などを一定の基準に基づいて公平・中立的に評価するものである。

 

つまり安定という面で魅力的であるうえに精力的なこれまでにない金融市場や取引のシステムを誕生させるためには、どうしても民間金融機関や金融グループだけでなく行政がそれぞれの抱える解決するべき問題に積極的に取り組まなければ。

 

1日の間で何回も売買注文を繰り返すという方法である「デイトレード」とは違って、10日程度の短期的な日数の持ち越しの取引方法を「スイングトレード」(さらに長くなると「ポジショントレード」)という名前で呼んで1日だけで何回も売買を注文するデイトレードとは区別するのです。

 

西暦2000年7月、大蔵省(当時)からこれまでの業務以外に金融制度の企画立案事務をも統合し平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)に再組織した。そして2001年1月、金融再生委員会は廃止され、、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。

 

そのためか投資信託の対象の中でも、投資家の間ではコスト軽減可能な販売手数料が無料のノーロード(No-load) 型や、分配金が出る分配型、あるいは指数連動なので値動きがわかりやすいインデックス型(商品価格などの指数(インデックス)に連動)などがとても投資家の注目されているようです。


 

未来のためにも日本国内で生まれたほとんどの銀行などの金融機関は、国内だけではなくグローバルな金融市場や取引に関する規制等が強化されることもしっかりと視野に入れ、経営の改善、あるいは合併・統合等を含めた組織再編成などまでも積極的に取り組んでいます。

 

【解説】「投機」について⇒株式を売買する会社などがどのような業務内容・経営状況なのかなどとはまったくもって関係無い取引である。単純に株式の売買を繰り返すことによってキャピタルゲインという売買利益が目的の株式投資の手法なのである。

 

こうして日本の金融・資本市場における競争力を強化することを目的とした規制緩和だけではなく、金融システムのますますの質的向上を目標にした試みを積極的に実践する等、市場や規制環境の整備がどんどん進められているわけです。

 

株だけに投資するのが理由で、株式のことだけに注意するようなことでは、例えば為替の変化が原因で株価に変化があった場合、変動の原因がわからず、その後の変動に対応できないだろう。

 

もしも、投資についての必要な勉強や研究が嫌いだとか、どうしても時間が少ない人は、専門家(プロ)に自己資金の運用を任せてみるとか、必要な情報収集がそんなに必要のない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)での取引を選んでほしい。

 

【ポイント】

金融ビッグバンはご存じのとおり、我が国において橋本内閣が発足した1996年(平成8年)からアメリカで同時多発テロ事件が発生した2001年(平成13年)までの間に展開された記憶に鮮明な金融制度全体にかかわるわが国では初めてとなる金融制度改革を示すコトバです(日本版ビッグバンともいわれる)。

 

知ってますか?外貨預金について。銀行で取り扱う外貨商品である。日本円以外によって預金をする事です。

 


為替変動によって利益を得られる可能性があるけれども、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。

つまりデリバティブって何?
今まであった金融取引、実物商品、債権取引の相場の変動が原因のリスクをかいくぐるために考え出された金融商品全体のことであって、とくに金融派生商品とも言います。

 

【知っておきたい】
ストップロスという手法が、できる投資家でなければ、取引で儲けることはできない。その時点での損を認めることが必須であり、ストップロスが出来ない取引であれば、絶対に投資はしない方がよい。

 

【用語】
テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のなかで代表的な市場⇒インターバンク市場(銀行間取引市場。金融機関が相互の資金の運用と調達を行う市場。

 

取引に参加できるのは金融機関に限定。資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)で知られる外国為替市場( Foreign exchange market、外国為替取引が行われる市場。)や銀行間取引のひとつ。
短期金融市場であるコール市場などの市場がある。


【常識】eワラントはご存じのとおり、権利の対象になっている資産を証券化(低コスト化が可能)して販売する金融派生商品のひとつ。世界最大級の金融グループであるであるゴールドマン・サックス・インターナショナルが発行しているにて発行しているをいう。

【投資の前に】REIT⇒不動産への投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)を意味している日本語である。例外として、国内法に定められた日本版REIT(つまりJ-REIT)のことを単にREITと呼ぶことがある。

つまりスウィーブサービスとは、今までの銀行預金口座と証券用の取引口座の口座間で、株式等の購入代金、売却で得た利益が自動的に振替される有効なサービスである。同じ金融グループによる顧客の囲い込み作戦なのだ。

全てと言っていいほど株式を公開している企業においては、企業活動のための資金調達の手段として、株式と社債も発行するのが当たり前になっている。株式と社債の一番の大きな違いは⇒返済義務です。

約40年前に設立された預金保険機構の預金保護のための補償の最高額は"当座預金など決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円(当座預金など決済用預金は全額)"です。預金保険機構は日本政府そして日銀ほぼ同じくらいの割合でほぼ同程度の割合で


株に投資するという理由で、株式の動きだけに注意しているのでは、為替の動きを原因として株式市場の価格が変動した際、変動の原因がわからず、その後の変化に対応できない可能性があるのです。

今はタンス預金なのか?インフレの局面では、物価が上昇した分その価値が目減りするのである。いますぐ生活に準備しておく必要のないお金⇒安全性に信頼がおけ、少しでも金利が付く商品に資金を移した方がよい。

まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省(現在の財務省)から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務を移管させて平成10年に発足した金融監督庁を新組織、金融庁に組織を変更。翌年の平成13年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、内閣府直属の外局となったのである。

【知っておきたい】TOPIX(東証株価指数)に連動する方式のETF(上場投資信託)を連動させたETFをということなのであれば、東京証券取引所一部株式公開中の全銘柄の株式を保有するのと近い有効性が期待できるでしょう。

重い言葉「銀行の経営がどうなるかは銀行自身に信頼があって繁盛する、もしくはそこに融資するほど価値がない銀行だと理解されたことで失敗するかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から


統一された基準による金融機関格付の果たす役割は、簡明に要約するとすれば、「比較する情報の比較できない部分をなくす」という効果によって「金融市場の取引を活発にする」という作用が生まれると断言することができるでしょう。

 

自分の国以外において株式や不動産などに対して投資していると、株式などの投資を行った国で「外国人投資家」と偏見を込めて呼ばれて、往々にしてその国の投資家をしのいで存在などが注目されたりします。

 

【投資の前に】
外貨預金は身近な銀行で購入できるのですが、外貨ではない円預金とは異なり預金保険制度(万が一金融機関が破綻した際は預金者等を保護する)の対象外なのである。
MMF(MMF:国債など公社債や短期金融資産の運用で利益を得る投資信託)は証券会社またはネット銀行等で購入可能です。

 

未来のためにもわが国内で生まれた金融グループは、早くからグローバルな金融市場や取引に関する規制等の強化も見据えながら、これまで以上の財務体質の強化や企業同士の合併・統合等も組み入れた組織の再編成などに精力的に取り組んでいます。

きちんと知っておきたい用語。

 

外貨MMFとは、国内であっても売買できる数少ない外貨建て商品の名称である。
一般的に外貨預金よりも利回りがかなり高く、為替の変動によって発生する利益が非課税なんていうメリットがある。
証券会社で購入しよう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

リクルートカードのお申込みはこちら

外国為替市場について

外国為替市場について外国為替市場について

外国為替市場について関連ページ

リクルートカードを知る前に
リクルートカードを作る前に読んでおきたいこと。
クレジットとは
クレジットとは何でしょうという疑問につい。クレジットの契約や、個人が信頼を受ける意味について。
消費者個人が与信を受ける本当の意味
消費者個人が与信を受ける本当の意味について。
債務の健全性
債務の健全性について。
消費者に対する与信サービス
消費者に対する与信サービスについて
クレジットとローンの違い
クレジットとローンの違いについて説明します。
近年のインフレとデフレ
近年のインフレとデフレについてのことをかいて言います。
産業としてのクレジット
産業として使われているクレジットについての紹介です。
東京証券取引所第一部上場株式銘柄
東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算
金融商品の定義
証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法

外国為替市場についての先頭へ戻る