金融商品の定義

リクルートカードのお申込みはこちら

金融商品の定義

金融商品の定義金融商品の定義

【金融用語】

 

金融商品の定義⇒法令上、証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法(金商法)によって定義された意義なのであって、有価証券以外に外貨取引や金融デリバティブなどを含む考え方。

 

海外の株式や不動産などに対して投資する投資家は、その投資先の国のマスコミなどから「外国人投資家」と敵意を含めた呼び名で、折あるごとにその国の投資家を超えて存在や活動がクローズアップされる時もあるのです。

 

 

【基礎】

 

テクニカル分析という手法は、株式と商品取引そして為替等の扱われる市場において、過去に見られた現実の実績の時間を追った動きから、今後の市場の取引価格の動きに関して予想及び分析を試みる手法のことです。

 

必ず知っておくべきこととして、株式は実は出資証券(有価証券)なので、株式に記載されている企業には自社の株式を持つ株主への返済する義務はないのである。合わせて、株式の換金方法は売却によるものである。

 

このように投資信託の対象商品でも、投資家の間では低コストの販売手数料が無料のノーロード(No-load) 型または、定期的に収益が分配される分配型とか、指数(インデックス)連動ということで値動きがわかりやすいインデックス型(商品指数などの指数(インデックス)に連動)などがとても注目の的となっています。


 

 

ご存じのチャート分析だけの“株式投機(投資ではない)”での取引は、結局は取引のめぐりあわせが勝敗を分けるのです。でもこのタイミングを上手く掴むというのは難題です。

 

15年近く昔の西暦1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長と決めた機関、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に約2年半組み入れられたという事実がある。

 

 

【投資の前に】

 

為替の動きに非常に素早く反応できる身の回りの商品ということなら、外貨預金(外貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で主に運用される投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引だがハイリスクハイリターンの投資)などがそうである。

 

金商法に定められた金融商品取引業者としてやるべきなのは、目いっぱい監督官庁からの指摘を少なくすることである。結局、起きてはいけない「重大な違反」が発生する確率を大きく改善するという実績につながることが多い。

一般的にペイオフの意味は不幸にもおきた金融機関の破綻などに伴い、預金保険法により保護することとされた預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度である。


 

きちんと知っておきたい用語。

 

金融機関の評価っていうのは、格付機関によって金融機関など含む国債を発行している政府や、社債などの発行会社に係る、支払能力などを主観的に評価しているということ。

 

 

【常識】

 

外貨預金なら身近な銀行で購入可能なのですが、外貨ではない一般的な円預金とは異なる扱いで預金保険制度(金融機関が破綻した際は預金者等を保護する)の保護の対象外。
MMF(MMF:公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託)は、ネット銀行または証券会社等で購入可能です。

 

 

【常識】

 

ポケ株ワラントの魅力。
一般的な株の現物での取引くらい低いリスク、そして誰でも少額からでも取引することができる投資方法である。
ちょっとした資金でとてつもない高い収益を獲得することが可能な投機に近い投資方法も存在するのである。

 

 

【重要】

 

J−REITとは。投資信託・投資法人の設定等を定めた、投資信託及び投資法人に関する法律(投信法:昭和26年6月4日法律第198号)の定めで構築される。
J-REIT(ジェイ・リート。REITはReal Estate Investment Trustの略)の型としては、投資信託 (※2007年現在では選択されていない)または投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の2つ。

 

おしゃるとおり「重大な違反」かどうかは、監督官庁である金融庁が判断をすることであり、大部分のケースでは、つまらない違反が多数あり、その作用で、「重大な違反」判断するのだ。


 

最近では日本の金融・資本市場での競争力を強化することを目的とした緩和のほか、金融制度の更なる質的向上を目指す活動等を積極的に促進する等、市場環境と同時に規制環境に関する整備が着実に進められているのである。

 

 

【投資】

 

アセットアロケーション:金利、株、為替の3つはしっかりと関わり合っており、3つの動向を常に注目することが当たり前。投資する商品のみならず、他の商品にも必ず分散してうまく投資することが肝心です。

 

昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに則り、保険を販売する会社は生命保険会社または損害保険会社に分かれることになり、2つとも内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている者しか経営してはいけないきまり。

 

【用語】

 

金融ADR制度の基礎。増加する金融の分野に係る紛争を裁判以外の方法で解決を図る制度(ADR)である。政府、金融庁でも金融機関と利用者との間に発生した金融商品・サービスに関する紛争を短時間、低コストで解決する方法だと信じられている。

 

 

【解説】

 

金地金⇒金額固定の純金積立とかなり違って、金地金(金の延べ棒)を地金商、鉱山会社、銀行、証券会社、商社等で売買できる。
地金のうち500g未満の地金(1kgの純金は約380万円:2010年)には加工手数料がかかります。
このため、基本的には500g以上をまとめて購入します。


 

 

【トラブル】

 

「投機」って何のこと?企業がどのような業務内容なのかとはまるっきり関係しない取引である。
単なる株式の売買を繰り返すことによりキャピタル・ゲイン(capital gain)という売買利益を得ることが目的の株式投資の手法。

こんなチャート分析のみでの“株式投機”の場合、結局は売買の感覚が重要なのですが、一般的にこの呼吸を掴むというのはとても難儀なことです。

 

 

【ポイント】

 

株式投資では、一般的に現物取引(投資金額の範囲での取引)による長期的な投資をする方法を利用すれば、巨額の危険性を背負う可能性が低い状態でお金の運用ができるのです。

 

ということは安定という面で魅力的というだけではなくパワーにあふれたこれまでにない金融市場システムを構築するためには、どうしても民間の金融機関だけでなく行政がそれぞれの抱える解決するべき問題にどんどん取り組んでいかなければいけません。

市場の金利の動きに機敏な反応を示す取引しやすい金融商品は?
と聞かれたら、安全かつ確実に貯める貯蓄型の定期預金(一定期間は引き出せないが、普通預金より金利が高い)とか積立定期(積立ごとに満期を迎える)に代表される銀行など金融機関への預金あるいは個人向け国債(変動・固定金利を選択可能)などの金融商品があげることができる。


 

ここでいう「失われた10年」という語は、国、もしくは一定の地域の経済が約10年超の長い期間にわたる不景気と経済成長の停滞に見舞われた時代を意味する言い回しである。

 

 

【用語】

 

金融機関の格付け(信用格付け)とは→格付機関によって金融機関はもちろん社債などを発行する企業、それらの真の債務の支払能力などを一定の基準に基づき評価するものである。

 

 

【金融の基礎】

 

コール市場⇒銀行間取引のひとつ。短期金融市場の代表です。
コール市場の「コール」は英語で呼ぶという意味の「call」で、呼べ(call)ばすぐに返ってくるぐらい期間の短い貸付をするため、こう呼ばれているのだ。

 

 

【解説】

 

ケインズ経済学(論文「雇用・利子および貨幣の一般理論」を出発点に中心に展開された経済学)の定義では、投資家による投資は追加投資によって推測される利潤率(限界効率)が資本家の利子率に到達するところまで継続されると考えられています。

 

今後も、日本国内でも銀行などの金融機関は、国内だけではなくグローバルな市場や取引にかかる金融規制等が強化されることまでも見据えた上で、経営の強化だけではなく、合併・統合等を含めた組織の再編成などに活発な取り組みが行われています。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

リクルートカードのお申込みはこちら

金融商品の定義

金融商品の定義金融商品の定義

金融商品の定義関連ページ

リクルートカードを知る前に
リクルートカードを作る前に読んでおきたいこと。
クレジットとは
クレジットとは何でしょうという疑問につい。クレジットの契約や、個人が信頼を受ける意味について。
消費者個人が与信を受ける本当の意味
消費者個人が与信を受ける本当の意味について。
債務の健全性
債務の健全性について。
消費者に対する与信サービス
消費者に対する与信サービスについて
クレジットとローンの違い
クレジットとローンの違いについて説明します。
近年のインフレとデフレ
近年のインフレとデフレについてのことをかいて言います。
産業としてのクレジット
産業として使われているクレジットについての紹介です。
外国為替市場について
外国為替市場について
東京証券取引所第一部上場株式銘柄
東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算

金融商品の定義の先頭へ戻る