消費者個人が与信を受ける本当の意味

リクルートカードのお申込みはこちら

消費者個人が与信を受ける本当の意味

消費者個人が与信を受ける本当の意味消費者個人が与信を受ける本当の意味

消費者個人が与信を受ける本当の意味

消費者個人がショッピングやキャッシングを信用供与を受ける理由は、2つあるんですよね。
1.支出の平準化
2.決済
この2つの機能を2つを求めているからなんですよね。
でも、それは家計が健全な状態であるか、不健全っ状態になっているかでそれぞれ全く意味が違うんですよね。

 

家計簿の支出は固定費と変動費に大きく分けることができるんですが、それを平準化、決済の区分で整理すると、ちょっと難しいことになるんですよね。もちろんお金の使い方は個人的なものですから断定的なものではないんですよね。まず、支出の平準化と決済について詳しく説明していきますね。支出の平準化とは、あらかじめ支払回数を決めた分割払いや、リボルビングクレジットを利用して、家計の支出を単月ではなくて、将来にわたって繰り延べをする機能のことなんですよね。月々の支払額を一定にすることで、ほとんどの支出の負担を分散することができるというメリットがあります。しかし、家計の負担は少なくなっても、繰越額については金利がかかってしまうというデメリットもあるんです。

 

決済はクレジット利用代金を指定された期日に全額を一括で支払うというものです。クレジットカードで最も多く利用されているマンスリークリアといわれている翌月一括払いがこれに該当します。支払の指定期日を先延ばしにしたボーナス一括払いも形の上では決済に似ているように思いますが、支払いを平準化した複数月分の支払いをまとめて行ったものとみることもできちゃうので、正確には決済と決めつけることができないんです。

 

では、家計費の支出項目である、衣・食・住に分けて、それらがクレジットの利用とどのような関係にあるか整理してみますね。表を作るとすると、両極に固定費と変動費を置きます。毎月確実に同じ金額は支出される固定費もあれば、多少変動はあるんですが、公共料金のような固定費もあるので中間点はどっちに当てはまるんですよね。変動費は支出を抑えることができるという特徴もあります。

 

これにクレジットの機能である平準化と決済を重ねるんです。今の時代のクレジットカードは、その90%が一括払いの利用ですから、必然的に決済の領域を多くカバーしているんです。そして、決済の領域でも変動費的な支出にウエートが置かれるんです。簡単にいうと、日比谷月々の支出の中で、現金払いでも何も問題ないものがクレジットカードに置き換わるっていうわけですね。

 

伝統的なクレジットカードの決済での領域はこの部分だったんですが、この領域はどんどんと広がっているんですよね。同じ食費でも外食は変動費の範囲なので、クレジットカードがなじむのは当然としても、スーパーの食費についても子クレジットカードが利用されるようになっていますよね。公共料金は固定費のような変動にですが、この食費分野もクレジットカードがカバーするような感じになっていますよね。

 

今まで書いたことを整理すると、決済・変動費ゾーンを中心として、平準化・変動費ゾーンと決済・固定費ゾーンがクレジットカードの領域ということになるんですよね。これに対して買い物のたびに契約するショッピングクレジットは平準化・固定費ゾーンがほとんどカバーする領域になると思います。それぞれ重なる部分も若干あるんですが、同じクレジットとは言っても利用者からするとその利用目的は異なっているのですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

リクルートカードのお申込みはこちら

消費者個人が与信を受ける本当の意味

消費者個人が与信を受ける本当の意味消費者個人が与信を受ける本当の意味

消費者個人が与信を受ける本当の意味関連ページ

リクルートカードを知る前に
リクルートカードを作る前に読んでおきたいこと。
クレジットとは
クレジットとは何でしょうという疑問につい。クレジットの契約や、個人が信頼を受ける意味について。
債務の健全性
債務の健全性について。
消費者に対する与信サービス
消費者に対する与信サービスについて
クレジットとローンの違い
クレジットとローンの違いについて説明します。
近年のインフレとデフレ
近年のインフレとデフレについてのことをかいて言います。
産業としてのクレジット
産業として使われているクレジットについての紹介です。
外国為替市場について
外国為替市場について
東京証券取引所第一部上場株式銘柄
東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算
金融商品の定義
証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法

消費者個人が与信を受ける本当の意味の先頭へ戻る