債務の健全性

リクルートカードのお申込みはこちら

債務の健全性

債務の健全性債務の健全性

債務の健全性について

どんな債務であっても、それ場当人の返済能力を超えた時には、不健全な債務としていろいろな問題が起きちゃうんですよね。お金を借りるキャッシングが蔓延してしまって、多重債務者の問題が社会問題になったことがその特徴だと思います。こんな感じの多重債務者も最初からお金の借り入れでさいっむがスタートしているわけではないんですよね。

 

ほとんどの場合は、何かの支払いに現金が足りていなくて、それを補うために借金をして、その返済のために、それ以上に借金を繰り返した結果なんですよね。クレジットの利用がその原因になっていることもよくあることです。

 

個人の家計は国家の財政とは全く違うので、健全財政が前提になるんですが、信用力が弱くて収入も簡単に増やすことができないのでたまに不足が生じてしまうんですよね。その不足という状態を一時的なものとして元の状態にリカバーできないと多重債務に陥るんですよね。

 

では、クレジットの利用における家計の健全性について考えてみますよ。例えば公共料金などのように、ほとんど毎月支払いが発生するものがあるとします。そういうのをクレジットカードで支払うのは、固定費の決済ということでそれ自体は問題ではありません。もともと銀行口座の自動振替を使って払っていたものをクレジットカード払いにしただけだからです。

 

でも、このような性格を負った料金を、平準化を目的に利用するとなると、話は全く違ってくるんですよね。平準化は月々の支払額をあらかじめ決めてしまって、それを超える分の金額を翌月に繰り越すようになってんですが、当月に支払うべき料金を次の月に繰り越すとなると当然に次の月は前月の分まで加算されるようになるんですよね。食費などもこれに似たような性格のある支出ということができますよね。

 

これはクレジットカードの二面性というべきものだと思います。利用の場面ではどちらもクレジットカードを利用しているだけですが、その利用する人の動機まで走ることができません。また、それに加えて、一時的な資金ショートを繰り延べてリカバリーするのであれば、それは合理的な方法といえるんですよね。どう使うかもクレジットカード利用者の選択の範囲であって、他人がどうこう言う筋合いのものでもありあせん。

 

すべての問題は、ここに集約されるんですよね。お金の使い方がその個人の自由である以上、クレジットカードの使い方も自由になるんですよね。その人の自覚と責任の下で自由であるべきだと私は思っています。でも多重債務者のような無責任な問題が発生すると、その自由が失われてしまいますよね。一面では過剰な債務で不幸になる人を防ぐこともあるんですが、それ以外にも問題は波及するんですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

リクルートカードのお申込みはこちら

債務の健全性

債務の健全性債務の健全性

債務の健全性関連ページ

リクルートカードを知る前に
リクルートカードを作る前に読んでおきたいこと。
クレジットとは
クレジットとは何でしょうという疑問につい。クレジットの契約や、個人が信頼を受ける意味について。
消費者個人が与信を受ける本当の意味
消費者個人が与信を受ける本当の意味について。
消費者に対する与信サービス
消費者に対する与信サービスについて
クレジットとローンの違い
クレジットとローンの違いについて説明します。
近年のインフレとデフレ
近年のインフレとデフレについてのことをかいて言います。
産業としてのクレジット
産業として使われているクレジットについての紹介です。
外国為替市場について
外国為替市場について
東京証券取引所第一部上場株式銘柄
東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算
金融商品の定義
証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法

債務の健全性の先頭へ戻る