消費者に対する与信サービス

リクルートカードのお申込みはこちら

消費者に対する与信サービス

消費者に対する与信サービス消費者に対する与信サービス

消費者に対する与信サービスについて

クレジットは日本語で表すと、「消費者信用」と訳されるんですよね。英語ではコンシューマー・クレジットといいます。提供者については特にこだわりません。銀行であろうと、ノンバンクのクレジット会社であろうと、消費者が決済もしくは支出の平準化機能を受けるのであばクレジットというんですよね。お金を借りるキャッシングも同じようにクレジットなんですよ。与信の対象物は確かに違ってくるんですが、家計における負債という意味を考えると同じですので、あえて区別しないで話を進めることにしますね。

 

こういうサービスを尚久yが受けるためには一定の条件が必要になってくるんですよね。一時的に、もしくは長期にわたって本来のその消費者が支払わないといけないお金を、このサービスを提供する会社が代わりに相手先に支払うからです。つまり、クレジットを提供する会社は、消費者に信用を供与(与信)した証拠として、その消費者の代わりにお金を相手に支払っているんですよね。もしくは貸し付けているということも言えます。もちろんサービスというのは、それを無料で提供しているという意味ではないので、勘違いしないようにしましょう。提供されている役務の対価として金利をもらうことになるんですよね。

 

この消費者に代わって支払ったお金が金利付きで戻ってこなかったら、クレジット会社は破産してしまいますよね。そこでこの与信サービスは誰でも受けることができるものではないんですよね。だから、一定の限られた人だけが受けられるサービスとなっているんですよね。つまりどういったサービス化というと、返済可能見込みの高い人だけが受けられるサービスとなっています。

 

「借りたものは返す」ということは人としての当たり前の考えだとおもいますが、与信対象としたかなのある一定数は返済不能に陥るという前提を考えて組み立てているんですよね。こういうと人間不信を前提としたサービスのビジネスという感じに思われるかもしれませんが、違うんですよ。どれほど慎重で計画的な人であっても、何が起こるかわからないというのが人生だと思っているからです。

 

すべての人が全部のことを計画的にやって、その通り計画通りにやってしまうとクレジットを利用したいという人すべてに与信することができますよね。でも、そうは絶対にならないので、一定数の不払いを計算したうえでビジネスとして成り立つように組み立てるのです。これを保険の考え方と同じですが、8:2の法則といいます。パレートの法則といったほうがわかりやすいかもしれません。このような感じで、一定の不払いをするのを見込んで、どれくらいの金利にするかがこのクレジットというビジネスのぴいんとになるんですよね。

 

また、一方では、与信の対象が事業者になる場合はクレジットっていは言わないんですよね。一般的には事業者に融資するのは銀行なんですが、一部のノンバンクは事業者を相手に与信業務をやっているんですよね。貸金業法はノンバンクがやっている融資を規制する法律なんで、こんな感じで事業者向けの金融会社も対象になるんですよね。逆に銀行は銀行法の規制もとにあるので、この法律の規制対象にはなっていません。

 

割賦販売法は、消費者を相手方にした与信の仕方を基準に法の適用があるんで、提供者がバンクであるか、ノンバンクであるかは問題にならない仕組みになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

リクルートカードのお申込みはこちら

消費者に対する与信サービス

消費者に対する与信サービス消費者に対する与信サービス

消費者に対する与信サービス関連ページ

リクルートカードを知る前に
リクルートカードを作る前に読んでおきたいこと。
クレジットとは
クレジットとは何でしょうという疑問につい。クレジットの契約や、個人が信頼を受ける意味について。
消費者個人が与信を受ける本当の意味
消費者個人が与信を受ける本当の意味について。
債務の健全性
債務の健全性について。
クレジットとローンの違い
クレジットとローンの違いについて説明します。
近年のインフレとデフレ
近年のインフレとデフレについてのことをかいて言います。
産業としてのクレジット
産業として使われているクレジットについての紹介です。
外国為替市場について
外国為替市場について
東京証券取引所第一部上場株式銘柄
東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算
金融商品の定義
証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法

消費者に対する与信サービスの先頭へ戻る