クレジットとローンの違いについて

リクルートカードのお申込みはこちら

クレジットとローンの違いについて

クレジットとローンの違いについてクレジットとローンの違いについて

クレジットとローンの違いについて

クレジット(消費者信用)は消費者に与信する行為であるといわれていますが、与信の対象物が広義の商品である時と、金銭である場合の時では、用語の使い方が全く違うんですよね。

 

商品を対象とした時は、クレジットをクレジットといい、金銭を対象としたクレジットをローンということもあるんですよね。
また、金銭を対象とした時のクレジットをキャッシングということもあるので、いろいろあるんですよね。いずれも一般用語化していますが、キャッシングは英和辞典には載っていない和製英語で商品名っていうことを知らない人は多いと思います。
これから書くときは、クレジットとローンについては、物販と融資という言い方で書いていきますね。

 

商品に対する与信とはいっても返済はお金でするわけなので、前の記事でも書いたようにクレジットとローンは何も違わないんですよね。たとえば、100万円の自動車をクレジットにした時でも、100万円の融資を受けた時でも、返済するときに、利率が少し違ってくるんですが100万円のお金というのは同じです。自動車のクレジットとはいっても自動車を100万円分返すわけでなないですよね。

 

まず、与信側から見てみてくださいね。与信の基準になるのは、与信したお金が返ってくるかどうかですよね。自動車の場合は、もし返済されないとしても自動車を担保にしているので、その分は不払い額からマイナスをすることもできるんですよね。自動車は登記制度のある特殊な商品ですが、それ以外の商品でもそれなりの価値は残るんですよね。

 

割賦販売法には、第7条に所有権留保の推定規定があるんですよね。そこには次のように書かれているんですよ。

 

第7条
第2条第1項第1号に規定する割賦販売の方法により販売された指定商品(耐久性を所有するものとして政令で定めるものに限る)の所有権は、賦払金の全部の支払いの義務が履行されるときまでは、割賦販売業者に留保されたものと推定する。

 

法律上適用になるのは、自社割賦といわれる二者間のクレジット契約なんですけど、三者間契約のクレジット契約書にもたいてい取り入れられているんですよね。
物販のクレジットに対して、お金を融資した場合に担保になるものは何もありません。消費者金融の広告に「無担保・無保証」という言葉を見かけることがありますが、消費者金融はまさにここが特徴になっているんですよね。ただし、奨学生のような特殊なローンは制度として、連帯保証人をとるようになっているのが現状です。

 

次に借りる側から見た場合の違いを見てみますね。負債として背負う負担は全く同じですが、用途だけの問題だけなんですよね。お金の場合の用途は借りるときに決まっているものもあるんですが、使い道は自由なものもあるんですよね。無担保・無保証の消費者金融の場合は、どちらがいいかというと、使い道の自由が多くなっています。

 

このお金がここで例に挙げた自動車の購入に振り向けられているのであれば、負債に関する目的は全く同一ですが、ここに困った問題があるんですよね。お金はどんなものにも使えるのということです。平成不況がずっと続いているんですが、消費者の多重債務というのが社会問題になりましたよね。この原因は借りたお金が借金の返済に回るいわゆる自転車操縦に起因するんですよね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

リクルートカードのお申込みはこちら

クレジットとローンの違いについて

クレジットとローンの違いについてクレジットとローンの違いについて

クレジットとローンの違いについて関連ページ

リクルートカードを知る前に
リクルートカードを作る前に読んでおきたいこと。
クレジットとは
クレジットとは何でしょうという疑問につい。クレジットの契約や、個人が信頼を受ける意味について。
消費者個人が与信を受ける本当の意味
消費者個人が与信を受ける本当の意味について。
債務の健全性
債務の健全性について。
消費者に対する与信サービス
消費者に対する与信サービスについて
近年のインフレとデフレ
近年のインフレとデフレについてのことをかいて言います。
産業としてのクレジット
産業として使われているクレジットについての紹介です。
外国為替市場について
外国為替市場について
東京証券取引所第一部上場株式銘柄
東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算
金融商品の定義
証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法

クレジットとローンの違いについての先頭へ戻る